ハンドメイド部

ハンドメイド部のアクセサリー作り

ナーシング和楽縁を運営しているガゼル株式会社では、いくつかの部活動が活動しています。その中で唯一の文化部である『ハンドメイド部』は毎月ナーシング和楽縁ちくさの相談室をお借りして活動しています。

利用者さまへのプレゼントを作ったそうなので、ハンドメイド部の活動の様子をご紹介したいと思います。

今回の活動内容

今回の部活動では、施設の夏祭りで「皆さんにプレゼントをできるモノを作る!」という目標を立て、部員全員が作れるブレスレットの制作をしたそうです。

ハンドメイドを開始してる様子

最初は1日に10本程度だったのが、最近では少ない人数の時でも、1日に20本作れるようになってきました!

1本のテグスに通すだけのもありますが、交差させて複雑な通し方をしたり、配色にこだわったり…
作り手の好みとセンスを発揮しながら制作をしたそうです。

作り手の好みが出るので

「これ○○さんが作ったやつでしょ~!」
「これ絶対○○さん作ったやつですよね(笑)」

見るだけで、誰が作ったアクセサリーかわかるらしく(笑)
お互いの好みやこだわりポイントを知れるのも楽しみの一つだそうです。

「これ可愛いぃ〜〜」と褒め合いながら、ワイワイ楽しく作業できるのもハンドメイド部の良いところだと思います。

ハンドメイドを集中して作っている様子

ちなみに、作っている最中は全員集中して作業しているため「休憩しましょう!」と誰かが声を掛けない限り、ずっと作り続けているのだとか…

お楽しみの休憩タイム

女子が集まれば、おやつを食べるしかありません。

ということで、ナーシング和楽縁ちくさの近くに新しくできた洋菓子屋さんで、買ったお菓子を食べながらティーパーティー!部活動も楽しいですが、お菓子を食べている時はもっと楽しいですよね〜。気分転換にもちょうど良いですしね!

おやつタイムに購入したシャトレーゼのお菓子

アクセサリーが完成しました!

そして、ブレスレットが完成!個性的な配色のブレスレットができました!

毎回、完成したアクセサリーを部員の腕につけて、写真を撮るのが恒例になっています(笑)

作ったブレスレットを腕に着ける部員

実は作りながら「青系が多いかな?ならピンクとか黄色で作ってみよう」「茶色も良くない?」など、色のバランスも考えて制作を進めたそうです。

たかだか趣味と思われるかもしれませんが、皆で相談しながら制作を進めることで、チームワークやコミュニケーションの学びにもなります。また、目標を達成した時の喜びや、自身のスキルアップを感じていただく機会にもなると思っています。

「利用者さまにプレゼントをする」という素敵な目標とあわせて、皆さんの活動を応援していきたいと思います!

関連記事